01.png logo (15).png
logo (22).png
logo (21).png
楽天カード 088643.jpg

2015年04月05日

クレジットカードが届いたら、最初にやること

カードの裏面に自分のサインをします。

サインはそのカードの利用者が誰かを示すものであります。

と同時に、カードを利用する際に絶対必要なものです。

裏面にサインのないクレジットカードは、お店では利用できません。

欲しい商品を選んだら、クレジットカードを販売員に提示する。

販売員はカードを受け取って、売上の処理をする。

お店から売上処理のデータが送られてきたら、クレジット会社はそのカードが有効なものであるかどうかを判断します。

利用可能枠をオーバーしていないか、盗まれたものではないか。

販売員から伝票を受け取ったら、伝票にサインをする。

ただし、サインをする前に、書かれている内容を確認すること。

金額や支払方式等が間違ってないか、しっかり確認して下さい。

販売員は、伝票のサインとカードのサインが同じであるかを確認します。

確認が取れれば、商品を渡してもらえます。

この時、お客様控えを渡されます。

自分がクレジットカードを使ってどのような買い物をしたのかの証拠になるから、後々のために必ず保管しておきましょう。

ICチップを内蔵したクレジットカードの場合、サインの代わりに暗証番号を入力します。

サインか、暗証番号の違いはあるが、クレジットカードの伝票に書かれている内容を確認する、という意味では一緒です。

後日、クレジット会社から利用明細が送られてきます。

カードを利用した際のお客様控えと利用明細の内容を確認しましょう。

支払は、たいてい、預貯金口座からの自動引落です。

自分のカード代金が引き落とされる前に、預貯金口座の残高も確認してください。
posted by ミチコ at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。