01.png logo (15).png
logo (22).png
logo (21).png
楽天カード 088643.jpg

2015年03月23日

クレカ 現金 老舗調査更新 sungomamマル秘

4人家族で、生活維持費が、約240万、クレジット債務が年間30万とすれば、原則として、一年間の支払額が230万以内であれば、個別クレジットの契約ができるということになります。

そんなに高い買い物ではなくても、個別クレジットを利用する場合は、必ず審査が行われるのでしょうか。

法律では、10万円以下であり、生活に必要な耐久消費財を店頭で購入する場合については、クレジット会社は、支払い可能見込額調査をしなくてもよいことになっています。

例えば、携帯電話などがそれに当たります。

ただし、支払いの遅れなどを確認する通常の審査は行われます。

しかし、支払い可能見込額を超える、個別クレジットの利用は、絶対にできないのでしょうか?

たとえ高額であっても、生活に必要な耐久消費財を購入する場合については、クレジット会社が利用者等の購入意思や必要性などを十分に確認するなど、丁寧な審査を行うことを条件に、支払い可能見込額を超える利用が可能となっています。

生活に必要な耐久消費財とはどんなものがあるのでしょう?

例えば、自家用車などがそれに当たります。

他にも大学などの授業料や、緊急性を要する医療費なども、支払い可能見込額を超える場合であっても、利用できる例として挙げられます。

このように、利用者保護に支障がない場合には、支払可能見込額調査や、支払可能見込額を超える契約の締結禁止義務に関する適用除外が設けられています。

















































クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam 
クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam クレカ 現金 老舗調査更新 sungomam
posted by ミチコ at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。